ファミリービジネスコンサルタントとは?~日本経済をささえる同族経営の会社を成功へと導く

経営者の支援を持続的に行えるコンサルタントへの道

 資金繰りや記帳指導、申告相談、補助金申請など個別の要請に応える形で経営支援をされている方は多いと思いますが、企業の現状を捉え、総合的かつ専門的なアドバイスを行うことができれば、コンサルタントとしてAIにとってかわられることのない経営支援を持続的に行っていくことができると思います。

 今回は、弊社のパートナーである株式会社日本FBMコンサルティング様の実施されている「ファミリービジネスマネジメントコンサルタント® 」養成講座をご紹介したいと思います。

ファミリービジネスマネジメントとは?

ファミリービジネスの課題

経済産業省が2025年に日本企業の3社に1社にあたる127万社が廃業危機を迎え、雇用650万人、GDP22兆円が消失してしまうという衝撃的なシナリオを提示しました。廃業の要因は、事業承継がうまく進まないことによります。

ファミリービジネスマネジメントの必要性

そのような社会的な問題に対応すべく、オーナー・同族会社(*)特有の事業承継(特に経営承継)の難しさに対応するためのナレッジとスキルを持った人材の育成が不可欠となっています。

※創業者一族が企業経営を担っている、もしくは、株式を保有している会社を、一般的に「オーナー企業」「同族会社」「同族経営」などと呼びますが、欧米ではファミリービジネスと呼ばれています。

ファミリービジネスコンサルタントの役割

 ファミリービジネスは経営、所有、家族の各サブシステムで様々な潜在的な課題を抱えつつ、経営活動が推進されていきますが、特に事業承継のタイミングで多くの問題が発生します。

 これまでの事業承継は、相続対策株価対策後継者研修M&Aなどの検討といった断片的な取組みがなされてきましたが、そのような取組みだけでは真に永続できる企業体とはなりえません。

 100年、200年続く企業体を実現するには、経営、所有、家族における課題を解決しながら、新たな成長戦略を描き、企業が永続できる仕組みも合わせて整備していく必要があります。つまり、これまでの事業承継とは異なる新しい事業承継経営承継)』への取組みが不可欠と言えます。

ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®養成講座

 欧米ではファミリービジネスコンサルタントと呼ばれるプロフェッショナルがその対応にあたっているように、弊社のパートナーである株式会社日本FBMコンサルティング様では、経営、所有、家族の分野に対して、統合的かつ専門的なコンサルティングサービスをワンストップで提供します。また、各専門機関のアドバイスに対するセカンドオピニオンとしても対応されています。

そして、課題対応に当たるファミリービジネスの専門家の育成として、ファミリービジネスマネジメントコンサルタント®養成講座を実施されています。

※「ファミリービジネスマネジメントコンサルタント® 」は商標登録第5983317号に登録されています。」

 養成講座はWEB講座でも実施されています。WEB講座についての詳細はこちら(https://jfbmc.co.jp/web_fbmc/)をご確認ください。

また、お申込みになる際には紹介者欄に「コマテルを見た」とご記入ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました